img_01

期間工従業員を求人することのメリット

最近では多くの企業が正規職員の採用だけではなくて期間工職員や契約社員などの非正規雇用職員を採用するようになって来ました。
これまでは、企業の採用といえば正規職員として採用して長期間人材育成を行う中で、一人前として育成することが主流でした。

しかしながら、企業もだんだんと激しい経済の変動で従業員を求人して、雇い育てることに余裕がなくなってきたといえます。


そうした際に期間工従業員の求人は企業の視点からすれば魅力的といえます。

期間工の求人情報が揃っています。

期間工従業員を求人することのメリットはいくつかあります。
1つ目は、企業は人件費などの費用を正規職員の場合と比較してそれほどしなくてよくなる点です。


正規職員の場合は、毎月の給与の他にも臨時ボーナスや割高の残業代を支払わなければなりません。


また、一度採用をすれば勤続年数に応じて昇給やベースアップをしなければならなくなります。

また、仮に休暇をとったとしても有給休暇として、その休暇をとった分も給与の支払い義務が発生する場合もあります。

一方で期間工従業員の場合は、臨時ボーナスや給与の昇給などはほとんど必要ありません。



多くの場合が、一定期間で期間満了となるため、正規職員をリストラする際や通常で退職した場合に支払う退職金を支払う必要がありません。2つ目は、人材の配置がやりやすくなる点です。
正規職員の場合は、なかなか解雇ができないため、人材の配置に苦労しますが、期間工従業員の場合はそうではありません。